1/7

Dorothea's Eyes: Dorothea Lange Photographs the Truth

¥1,530 税込

残り1点

¥6,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

ドロシア・ラング(Dorothea Lange, 1895年5月26日 - 1965年10月11日)は、アメリカの写真家で、1930年代以降の大恐慌時代の記録に残された写真は、ドキュメンタリー写真の発展に大きな影響を与えました。

幼い頃にポリオが発症し、片足を引きずる生活を余儀されなくなった彼女は、ニューヨークで写真を学び、のちにサンフランシスコに移った後、フォトスタジを開きます。裕福な客たちが座っているスタジオの窓には、仕事がなく腹を空かせた人々が溢れていました。
彼女が《White Angel Breadline(パンの配給を待つ人びと)》と題す最初のドキュメンタリー写真を撮ったのもその頃で、大恐慌時代を切り取った記号的な存在であり続けています。

写真の発展に大きな影響与えたドロシア・ラングの伝記絵本です。



Dorothea's Eyes: Dorothea Lange Photographs the Truth
Contributor(s): Rosenstock, Barb (Author) , DuBois, Gerard (Illustrator)
EAN: 9781635925630
Publisher: Calkins Creek Books
Binding: Paperback
Pub Date: February 01, 2022
Target Age Group: 07 to 10
Physical Info: 0.76 cms H x 27.43 cms L x 21.34 cms W (0.16 kgs) 40 pages

Publisher Marketing:
An excellent beginner's resource for biography, U.S. history, and women's studies. --Kirkus Reviews
Here is the powerful and inspiring biography of Dorothea Lange, activist, social reformer, and one of the founders of documentary photography.
After a childhood bout of polio left her with a limp, all Dorothea Lange wanted to do was disappear.
But her desire not to be seen helped her learn how to blend into the background and observe. With a passion for the artistic life, and in spite of her family's disapproval, Lange pursued her dream to become a photographer and focused her lens on the previously unseen victims of the Great Depression.
This poetic biography tells the emotional story of Lange's life and includes a gallery of her photographs, an author's note, a timeline, and a bibliography.

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (163)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,530 税込

6,000円以上の購入で
配送料無料
まとめてのご購入がおすすめです