1/7

The Tiger Who Would Be King

¥2,910 税込

SOLD OUT

¥6,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

ジェームズ・サーバー(1894年12月8日 - 1961年11月2日)が書いた寓話をもとに描かれた絵本です。彼は雑誌『ニューヨーカー」の編集者であり、小説家でもあり、エッセイストでもあり、漫画家でした。
たくさんの本を出版し、多くの寓話を残しました。映像化された作品も多く、アメリカ文学を代表とする作家の一人です。

ある朝、トラはジャングルで起きると、仲間にこう言いました。
「彼は百獣の王だった。もう変化が必要だ!」
それはライオンへの宣戦布告なのかもしれません。
トラの側につくのか、
ライオン側へつくのか、
ジャングルの動物たちは、戦いに明け暮れて行きました。
いつからか何のための戦いかもわからなくなってしまい……。

争いが目的になってしまう恐ろしさ、そして行くつく先の虚しさ。ジェームズ・サーバーのピリッと辛口の物語です。
イラストレーターのJoohee Yoonの躍動感の動物たちの争いも見応えがありますよ。

The Tiger Who Would Be King
Contributor(s): Thurber, James (Author) , Yoon, Joohee (Illustrator)
EAN: 9781592701827
Publisher: Enchanted Lion Books
Binding: Hardcover
Copyright Date: 2015
Pub Date: September 15, 2015
Target Age Group: 06 to 09
Physical Info: 1.52 cms H x 25.65 cms L x 25.91 cms W (0.45 kgs) 40 pages

Publisher Marketing:
Gorgeously illustrated and including two gatefolds that give us a panoramic jungle at war, The Tiger Who Would Be King is as entertaining as it is wise, as wry as it is passionate. Yoon's humorous images support this beautifully written text with wit and insight. Her final portrait of the tiger in a sea of silence will stay with the reader for a long, long time.

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (148)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,910 税込

SOLD OUT

6,000円以上の購入で
配送料無料
まとめてのご購入がおすすめです
最近チェックした商品