素敵な洋書絵本のお店『Read Leaf Books』◆ おすすめ絵本 ◆ | すてきな洋書の絵本屋さん Read Leaf Books

2021/01/09 21:09

いつもご利用ありがとうございます。

洋書の絵本の輸入販売をしています『Read Leaf Books』です。

当店では紹介する絵本の大半は、日本ではあまり知られていないけれど、ぜひ見ていただきたいタイトル、というテーマで選んでいます。


エリック・カール、レオ・レオーニなど、日本でも定番でよく売れている洋書絵本は、大型の書店の洋書コーナーに行けば並んでいます。けれど、素敵な絵本は、まだまだ、たくさんあるんですよ。

洋書だと日本に入ってくる冊数も少なく、ほとんど知られないまま手に入らなくなってしまう絵本も数多くあります。


そういった絵本の情報提供と手に取ってもらう機会を作りたい、という気持ちもあり、少しづづでもBLOGで紹介できればと考えています。

もちろんWEBショップでも簡単な紹介をしていますので、よろしければ、そちらもご覧いただければ幸いです。


⬛︎ スペインのイラストレータ “Miren Asiain Lora”



今回紹介をしますのは、ミレン・アシアイン・ロラです。

スペインのパンプローナに生まれ、バスク大学でファインアートを学びました。

現在はブエノスアイレスで活動をしています。


日本で彼女の絵を見る機会があったのは、

Selected for the illustrator's exhibition of Bologna Children's Book Fair「ボローニャ国際絵本原画展」

かもしれません。

3年連続で入選したため、見たことがあるという人も多いことでしょう。


2017年 Recuerdo en aquel campamento「あのキャンプの思い出」

2018年 Los pibitos「子どもたち」

2019年 Un Buen dia11「すばらしい日」※英語版の絵本「A GOOD DAY」はこちらの原画


⬛︎ “A GOOD DAY” 



動物園で飼われているトラ。

トラには仲良しの猫の友だちがいます。

オリの中に住むトラと違い、猫は自由気ままに動物園を出入りできます。

だから猫はトラに、あちこちにいる動物たちの話を聞かせてあげ、トラは猫の話を楽しく聞いて日々を過ごしていました。それは猫にとってもトラにとっても大切な時間でした。

ある日トラは、猫に話します。

「そとに出て、故郷に帰りたい」と。

そして、猫がとった行動とは……。


動物園を俯瞰して描いた描写が、トラの孤独を際立たせています。

細部までしっかりと描かれているため、よく見ると丁寧に描かれた猫やトラの表情を楽しむことができます。

全てのページで、左右に見開きで広がるイラストは、まるでお芝居を見ているようです。

登場する猫とトラの絆が、とても愛おしく感じてしまう絵本です。




“A GOOD DAY”


トラと猫にとっては、いつまでも大切な日々であることでしょう。

出会いと別れを優しく描いた絵本です。

卒業式や、新しい環境に向かう人に差し上げる絵本にもおすすめですよ。


Text : Daniel Nesquens

Illustrater : Miren Asiain Lora

Publisher : Eerdmans Books for Young Readers

Binding : Hardcover