The Whisper | 素敵な洋書の絵本屋さん Read Leaf Books

1/7

The Whisper

¥2,470 税込

残り1点

¥6,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

物語が好きで、言葉が好きで、絵画が好きな小さな女の子がいました。
ある日、彼女は学校で不思議な本を見つけます。
壁の高い位置にたった一冊の本が置けるだけのスペースがあり、表紙に王冠が描かれた立派な本が飾られていました。

それは先生が女の子と同じくらいの年のときに、祖母からプレゼントされた本なのだそうです。

”あれはたくさんの物語が詰まった魔法の本。今夜、貸してあげましょうか?”
先生は女の子に言いました。
女の子は喜んで本を借りて帰りました。

けれども、家に帰ってページをめくって見ると、たくさんの絵が描かれていますが、言葉がひとつもありません。
がっかりしていると、小さなささやきが聞こえてきました。
“言葉を想像してごらん”
”物語を想像してごらん”
女の子は絵だけを頼りに、言葉を想像し、物語を想像し始めるのでした。

---

みなさんは、絵本をどうやって楽しんでいますか?
読んで?
それとも見て?
想像して?
ぼくは絵本はどれにも当てはまると思います。そして、どれで楽しんでもいいと思います。
読んで楽しんでもいいし、絵を見て楽しんでもいいです。共通なのは、“想像すること”。

ぼくは絵本は必ずしも“理解する”必要はないと思っています。
「この絵本は〇〇ちゃんには早いねー」
書店で働いていた時、時おり聞いた言葉です。
年齢や学習の習熟度で、いまのお子さまの理解力に適した本を読んでもらう、という本の読み方が悪いわけではありません。
けれども絵本の読み方がそれだけではないことを、知っていてもいいのかな、と思ったりします。
文字のない本、というジャンルがあるのも、絵本だけですしね!
この絵本の女の子のように、絵だけでたくさんのことを想像するのも楽しいと思いますよ。

ちなみにぼくは洋書の絵本を読む時、先に絵だけで物語を想像します。
英語であれば、その後に精読しますが、他言語の絵本だと精読はしません。
だからもしかしたら精読していない絵本は、想像している内容と、実際の物語が違うかもしれません。でもそうゆう絵本の方がお気に入りになっていたりします。

洋書の絵本は読めないしなー、と考えていたら、もっと気軽に、楽しむことだけを考えてページを、めくってみてはいかがでしょう?
きっと世界が広がりますよ。

そんなことをあらためて考えてしまう絵本です。

The Whisper
邦題『わたしだけのものがたり』(フレーベル館)
illustrated by Pamela Zagarenski
ISBN: 0544416864 EAN: 9780544416864
Publisher: Houghton Mifflin
Binding: Hardcover
Pub Date: October 06, 2015
Physical Info: 0.79 cms H x 28.58 cms L x 22.56 cms W (0.41 kgs) 40 pages

Annotation:
Two-time Caldecott Honor artist Pamela Zagarenski debuts as an author in this tender picture book about the magic of reading.

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (53)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,470 税込

6,000円以上の購入で
配送料無料
最近チェックした商品