Mexique: A Refugee Story from the Spanish Civil War | すてきな洋書の絵本屋さん Read Leaf Books

1/6

Mexique: A Refugee Story from the Spanish Civil War

¥ 2,470 税込

残り1点

¥ 6,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

モレリアの子どもたち
そう呼ばれた子どもたちがいました。
1937年スペイン市民戦争を逃れるために、Mexique号に乗ってスペインからメキシコに渡った456人の子どもたちです。

当初は数ヶ月で帰ることができると思われていたのですが、共和国側が敗戦し、フランコ独裁の政権が樹立。そして第二次世界大戦が始まり、子どもたちはスペインに帰ることができなくなりました。
そして長い年月がたち、多くの子どもたちはメキシコで成長し大人になり、そして故郷に帰ることなく亡くなっていったと言われています。

日本ではあまり知られていないことですが、戦争で多くの人たちが、人生を翻弄されたんだ、と感じてしまう1冊です。

Mexique: A Refugee Story from the Spanish Civil War
Contributor : Ferrada, María José (Author), Penyas, Ana (Illustrator)
EAN: 9780802855459
Publisher: Eerdmans Books for Young Readers
Binding: Hardcover
Pub Date: October 27, 2020
Physical Info: 1.02 cms H x 20.32 cms L x 23.11 cms W (0.32 kgs) 40 pages

Publisher Marketing:
On May 27, 1937, over four hundred children sailed for Morelia, Mexico, fleeing the violence of the Spanish Civil War. Home was no longer safe, and Mexico was welcoming refugees by the thousands. Each child packed a suitcase and boarded the Mexique, expecting to return home in a few months. This was just a short trip, an extra-long summer vacation, they thought. But the war did not end in a few months, and the children stayed, waiting and wondering, in Mexico. When the war finally ended, a dictator--the Fascist Francisco Franco--ruled Spain. Home was even more dangerous than before.

This moving book invites readers onto the Mexique with the "children of Morelia," many of whom never returned to Spain during Franco's almost forty-year regime. Poignant and poetically told, Mexique opens important conversations about hope, resilience, and the lives of displaced people in the past and today.

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (33)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 2,470 税込

6,000円以上の購入で
配送料無料
最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品