週末のおすすめ絵本『Child of Glass』Beatrice Alemagna | 素敵な洋書の絵本屋さん Read Leaf Books

2022/03/05 20:20


イタリア、ボローニャ出身のベアトリーチェ・アレマーニャさんの絵本です。以前、「ガラスのジゼル」というタイトルで翻訳絵本出版されていました。


全身が美しく透き通る身体をしている少女ジゼルの物語です。

ある日ジゼルは、考えていること想像していることが透き通った頭に映ってしまうことに気づきます。美しいこと、汚いこと、残酷さと優しさ。

ガラスのようなジゼルの身体は様々なことを映し出します。そして感情が昂ぶると手足にヒビが入ってしまうのです。


ジゼルは、安住できる地を求めて旅に出ます。前半の脆くてはかないジゼルの表現に目を引きますが、だからこそ強く生きて欲しい、と感情を揺さぶられる絵本です。

この絵本では、トレーシングペーパーを効果的に使い、ジゼルの表の顔と隠しても隠しきれない重なり合う感情を表現しています(写真だとわかりづらい?)。
この重なり具合もすごく良くできています。

Beatrice Alemagnaさんの絵本はこちら
https://www.readleafbooks.com/categories/3050631

Child of Glass
Contributor(s): Alemagna, Beatrice (Author)
EAN: 9781592703036
Publisher: Enchanted Lion Books
Binding: Hardcover
Pub Date: December 03, 2019
Target Age Group: 04 to 10
Physical Info: 1.02 cms H x 26.42 cms L x 21.59 cms W (0.43 kgs) 52 pages

Annotation:
A story about difference, exclusion, experience, and ultimately the embrace of one's core self, Child of Glass explores the interplay between inner and outer and the journey we have to go on to be at home within ourselves.